×

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  こだわり

こだわり

こだわり

「ロバのパン」の蒸しパンは、表面の皮がはじけて中の具がのぞくように仕上げるのが特徴です。
この製法は、初代が戦前に開発した秘伝のベーキングパウダー「パンの素」を使わないと、うまくはじけず独特の風味がでません。
「パンの素」の原料の配合比率は門外不出で、代々親から子にのみ受け継がれてきました。
現在「パンの素」の製法を知っているのは、三代目のみです。

素朴ながら独特の風味があるあんこやジャムにもこだわりがあります。
あんこはメーカー特注で甘さひかえめ、ジャムは40年以上風味が変わっていません。
今も昔も変わらぬ味をお楽しみいただけます。

ロバのパンの歴史

創業1953年 創業者桑原貞吉氏 現在三代目桑原省三氏

正式名称「ビタミンパン連鎖店ロバのパン

ピーク時(1960年頃)には西日本中心に約170台の馬車で引いて販売に回っていました。
現在、正式に本部より承認を受けている代理店は、岐阜県岐阜市、三重県四日市市、高知県高知市、徳島県阿波市の4店と京都の本部だけとなっています。

ロバのパンの歴史
ロバのパンの歴史